2011年7月 1日 (金)

明日から京都で

美大生になってきます!
アニメ科卒業制作の2回目のスクーリングです。
6回のスクーリングで一本の短編を制作する予定。

技術もないのに
やりたい事がありすぎて収拾のつかない状態です(笑)
一応立てたスケジュールから
すでに遥か遅れをとっています。

2回目までは構想の段階?ですが
この後は実制作に入る予定なので
崖っぷちに近づいてきた気分。さてさて・・・・。

ボクの場合、アイデアに煮詰まったら
とにかく歩きます。

あっ!電車に乗ってボーッとするのもいいかも。

201162800001

2011年6月 9日 (木)

デッサン2

2〜3日目はいくつかの要素を構成した静物デッサン。

デッサンの基本は「見たままを描くこと」らしいです。
まず輪郭線があってはいけなのだとか。

20116901

輪郭は物の形を表すためのはサイン(記号)
で実際の物体にはそんな線がないからですが

アニメやらイラストやら模型のスケッチも
ボクの描く絵はどれも輪郭線で表しているので、
つい輪郭を描きたくなりつつ・・・

2日間格闘の末に出来ました!

20116902

昔の自分(20年前の美術専門学校生)よりは
うまくなったかな。・・・でないとまずいですよね(笑)
(※でも何度も直したのに紙コップの形が変。)

今度その時代のデッサンを出して比べてみます。

さて、つかの間の美大生は終わり、
明日から通常営業です!

2011年6月 7日 (火)

デッサン

今日から3日間は大学生です。
一日中、ニンニクと向き合っての「静物デッサン」

20116701

昔、デッサンの授業が苦手で、
なんとか落第にならないようにするのが
大変だったのでした・・・・。

久々にやると静かな中に鉛筆を走らせる音が
結構心地よかったりします(時々睡魔にもやられますが)

(模型をやるには向かない?)
飽きっぽい性格のボクには
良い修業になるかもしれません・・・・!?

今日の成果は↓

20116702

黒い布は難しいです。

2010年6月30日 (水)

夏の遠足

作業が一段落したので週末に
一旦横須賀へ帰ってきました。

そこで大学の同級生と
夏の遠足ということでロシアのアニメーション作家
ノルシュテイン展を見に神奈川近代美術館葉山館へ

外はあいにくの雨模様でしたが
展示内容はとても充実していました。

Ensoku1_2

セルロイドに描いた絵をマルチプレーンと呼ばれる技法
※細かいことはわかっていなかったりして(汗)
で撮影されたアニメーションや絵本の展覧会。

中でもマケットと呼ばれる模型は
絵の描かれたセルロイドを何枚か重ねて配置して
上からライトを当てたシャドーボックスで

霧のかかったような不思議な奥行き感と存在感に
釘づけになってしまいました。

アニメ好き&模型好きにはたまらない展覧会でした。
ではでは次は秋の遠足かな?

Ensoku2_2

2010年4月 6日 (火)

桜散る

久々に通った学校(高校)の近くを通りました。
桜がきれいに咲いていました。
ここのところ寒かったけどもう4月ですもんね。

Sakura

タイトルの「桜散った」のはボクです。

卒業制作着手要件満たせませんでした。

ここ年明けから卒制のためにやっていた課題は
提出期限2/10の前日深夜11:30に終了。
宅急便の横浜のターミナルをトラックが出るのは深夜0時。
もう間に合わないと一旦はあきらめたのだけど
ダメ元で高速をひた走り到着したのは0:15。
ターミナルの事務所に駆け込み事情を説明すると
受付のおばちゃんが走って出発しかけたトラックを
呼び止めてくれて間一髪なんとか課題全部を出せたのでした。
その課題は辛くもすべて合格したのではありますが・・・・。

実は理由は別にあって
ずっと以前やった課題の第一、第二課題の
どちらも合格していたので完全に受かった気でいましたが
単年度習得という決まりを理解していなかった。
つまり同じ年度に両方の課題をクリアしないと
合格にならない規則。ボクの場合は年度をまたいで
提出していたのでその時点でアウト。
そしてそれに気づいていなかった時点で
リカバリー不可能だったと言う訳です。

もうすっかり受かったつもりでいたので
今年のスクーリングのホテルまで予約していた始末。
何とも間抜けな話。アホ!です。
励ましてくれたみなさんホントにありがとう!

今年はホントに卒制に着手したかったのに・・・無念。

2010年3月 2日 (火)

煎茶

今回のスクーリングはアニメ関連ではなく
「煎茶」の授業でした。
進級条件で崖っぷちのボクは当初
2単位という数字に惹かれての受講だったのですが

なんのなんのこれが想像を遥かに超える魅力に、
完全にはまって帰ってきました。
「煎茶」って茶器を並べるところから
全部作法があるなんて知らなかったー。

3日間手取り足取りしてもらっているだけの
にわか生徒のボクには語る資格はありませんが・・・(笑)

とにかくとても繊細に気を配って少量のお茶を
入れているにもかかわらず一回目に出す時に
「不加減でこざいます」って言うのね。

これ以上無いという気遣いをした上で
さらに謙遜する。そんな日本の文化って
やっぱり心地いいもんだなーと思ったりして。
もっと深い感想が言えないのか?とか言わないで。
頭で考えるタイプではないので・・・(笑)

さらに物から入るタイプ。
来月くらいに煎茶セットを購入していたら
「物欲大魔王」だと指差して笑ってください(笑)
とりあえず宇治茶と和菓子は買ってきました!↓

Tyasitu4

そういえば帰りの電車で教科書を見てて気づいたのですが
以前から気になっていた鴨川沿いにある茅葺き屋根の
小さな家って「茶室」だったんですね。
初めて大学に通った時から気になっていたのでスッキリ↓

Tyasitu1_3

模型的にもかわいい建物ですよ。
・・・と無理矢理模型話にこじつけてみたりして。

そうそう、なぜ謙遜して生きていたいと思ったかというと
通学途中のお寺でこんな言葉を目にしたからかも(爆)↓

Tyasitu3

ごめんなさい!解ってはいるんですが・・・・つ、つい(汗)
その分、他の作家さんの作品見ては圧倒され、
いつもへこんでいるので、どうかお許しを・・・・・!

続きを読む "煎茶" »

2010年3月 1日 (月)

久々の叡電

週末は大学生でした。
ボクの通う京都造形大は叡山電車の最寄りにあります。
いつも泊まる四条鳥丸のビジネスホテルを7時過ぎに出発
鴨川沿いを歩いて、出町柳から叡山電車に乗るのが
お決まりの通学コースです。

自宅課題がてんこ盛りだった
今年度はこれが唯一の京都スクーリング。
一年ぶりの叡山電車です。

それにしても、通い始めてもう5年目になるのに
「叡山電車全線走破」の願いはまだかなっていません。

Eiden3

Eiden1_2

ところで叡山電鉄の出町柳駅ってまるで
模型のような可愛らしい終端駅です。

駅舎は新しくなっていますがホームには
当時の面影も残っていて
屋根の部分なんかとても雰囲気があっていいでしょ。

Eiden4_2

近くの踏切から見るとこんな感じ。
「ぎゅう」っと詰まっていて模型にしたくなる雰囲気です。

2010年2月25日 (木)

明日から京都

今晩の深夜バスで京都へ行きます。
ボクにとって今年度、唯一のスクーリング「煎茶」。
正座がとってもきつい体系&
お年頃なのでちょっと不安です(笑)

そうそう、ビル全体が模型一色の
ボークスホビースクエア京都
見にいけるといいのですが・・・。

その他のカテゴリー

最近の写真

  • _02q1092_3
  • _02q0963_6