« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

夏の遠足

作業が一段落したので週末に
一旦横須賀へ帰ってきました。

そこで大学の同級生と
夏の遠足ということでロシアのアニメーション作家
ノルシュテイン展を見に神奈川近代美術館葉山館へ

外はあいにくの雨模様でしたが
展示内容はとても充実していました。

Ensoku1_2

セルロイドに描いた絵をマルチプレーンと呼ばれる技法
※細かいことはわかっていなかったりして(汗)
で撮影されたアニメーションや絵本の展覧会。

中でもマケットと呼ばれる模型は
絵の描かれたセルロイドを何枚か重ねて配置して
上からライトを当てたシャドーボックスで

霧のかかったような不思議な奥行き感と存在感に
釘づけになってしまいました。

アニメ好き&模型好きにはたまらない展覧会でした。
ではでは次は秋の遠足かな?

Ensoku2_2

2010年6月22日 (火)

助っ人来たる

この記事がアップされる頃には現地一日目で
すっかりテンパっていることと思います。
精一杯やったつもりでも納品前はドキドキしてしまう
小心者ぶりは今に始まったことではありません。

そんな時に頼りになる先輩たちがいます。
いつも教わることばかりで、いつまでたっても
かなわないスーパーモデラー。(←勝手に命名)
昨日は搬出前のテスト走行に集まってくださいました。

アメリカ型のMさん、日本の原風景ならOさん、
森林鉄道(山男)のSさん、ナロー&ギミックのSさんと
それぞれが完全に我が道を行っているのが
また面白いところですがこの強者な面々に
共通していて何よりボクがすごいと思うのは

「出来ない」「無理」とかって言葉がないところ。

経験値が高い・・・ということもあるんだと思いますが
それに加えて気の持ち方が大事なのかもしれません。

作り手が出来ないと思っていることは、
そりゃ出来る訳が無いじゃん!という
とってもあたりまえというか、原点みたいなところ。

でもこれってすぐ忘れそうになっちゃいます。
お会いするといつもそれを再認識するのです。


別の話の中で工作機械が欲しいとボクが言ったら
「モロさんでは宝の持ち腐れー」と即答で一刀両断(笑)

工作機械を買えば何かすごい物が作れると
思い込んでるとこを見抜かれた感じでした(汗)

ハードがあっても「○○を作りたい!」という
ソフト面と一緒にならなければ何も始まらない。
これもまた当たり前ですが、つい「物」に頼ろうと
してしまうのが物欲大魔王なのです。

という訳で仕上げの相談や搬出の補助でも
お世話になっちゃいましたが
何より気持ち的なパワーを充電できました。

結局そのパワーを借りて搬出しないと不安と緊張で
眠れないノミの心臓だったりするのです(爆)

Jio3

PS、作業工程写真を整理していて今、気がついたこと。
定点カメラで作業を撮り続けたらジオラマが
出来る動画が出来たのになー。はい!後の祭りです。

2010年6月21日 (月)

駅前支店引っ越し

3ヶ月こもり続けた駅前支店も
今日で無事閉店を迎えました。
ブログ更新もほっぽり出し作業場にこもって
大きなレイアウト(ジオラマ)5m×3mを作っていて、
今日はいよいよ搬出日でした。
トラックに積み終わったらこんなにガランとして(寂)

Jio1_2

商店街の一角だったので周りのお店の人をはじめ
いろんな人と話したり、小学生のたまり場と化し
いつの間にかあだ名が「マスター」になっていたり(笑)
近所の方から差し入れをもらったり・・・と

根の詰まる作業でしたが、なんとも楽しい3ヶ月でした。
なんかいいです、商店街って!コミュニケーション豊富で!
古巣へ帰るのちょっと寂しくなっちゃったりして

それからいろんな話をしていて再確認したのはミニチュアって
老若男女誰にでも伝わるんだなってことでした。
反応するのは鉄道だけではなく、植わった柿の木だったり、
自転車こぐおばちゃんだったり、人それぞれですが

ミニチュアを見て難しい顔する人ってあんまりいませんもんね。

納め先でもそうやって見る人に楽しんでもらえるよう
とにかく明日から現地に泊まり込んで仕上げ作業。
もう一踏ん張りしてまいります。

ちなみに現地から戻ったら
まずはほっぽらかしだった古巣(事務所)の
片付けが待っています。これは苦痛です(笑)

まさに片付けられない症候群。

いやその前にまずは祝杯で思いっきり酔っぱらえるのを
希望に行ってきます!!

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近の写真

  • _02q1092_3
  • _02q0963_6