« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月26日 (月)

最終回です。

あ〜、とうとう最終回です。
やっぱりちょっと寂しい感じですよ〜。
遠足の帰り道のような・・・・。
(↑たとえが違うかな?)

Sai

さてさて最後は出来上がったレイアウトで
三波さんと、思いっきり遊んじゃいます。

レイアウトはつくるのも楽しいんですが
出来上がったレイアウトでお気に入りの車両を
走らせるのも楽しいですよ〜。(当たりまえ?)

なかでもカメラカーは結構はまりますよ〜。
鉄道模型を始めるきっかけはいろいろですが
そのひとつは「運転手さん」になってみたいって
いうのありませんか?

これなら運転手さん気分で遊べます。
しかも自分の作った景色の中ですから
そりゃ格別ですよ。
三波さんと帽子コスプレしてますので
お楽しみに〜。

たまに気がつかない所の
塗り残しを見つけちゃったりして・・・(笑)

それにしても作ってよし、走らせてよしの
「鉄道模型」これはぜひ一度やってみてくださいね〜。
・・・とかなり宣伝気味な締めくくりでした。

ではでは・・・・今夜をお楽しみに〜。

Sai3


Sai1

2008年5月19日 (月)

いよいよ完成です!

全9回の趣味悠々も8回目。
三波さんといっしょに作ってきた
タタミ一畳サイズのレイアウトが
いよいよ完成しますよ〜。

今日は仕上げの作業です。
建物を建てたり、人形や自動車を
置いたりするのはホントに
楽しいですよ。
今まで買い集めておいた小物を
総登場させてあげましょう。
誰もいない荒野が急に
どんどん賑やかになってきて
通りは人々の会話が、
海には波の音が聞こえてきそうな
風景に変わっていきます。

この仕上げはまさに映画監督の気分です。
レイアウトの中にいろいろな
シーンを盛り込んじゃいましょう。

海には釣人や漁船でしょ、
駅前はバスに乗り込む人々・・・

Tatami1_2

Tatami

最近では「お祭り」なんて演出も
出来るようになりました。

Tatami2_2

海外には人形の専門メーカーというのもあって
カタログを見ているだけでも
飽きないくらいの種類があります。

また別のメーカーでは「おしっこするイヌ」なんて
いうのまであって驚きます!

2008年5月16日 (金)

箱をレストア?

ナローゲージというマッチ箱のような
カワイイ鉄道の模型が好きです。
小さな鉄道が中心で何でもアリの世界。
ですからレイアウトも車両も
自分の思うまま自由にデザイン出来るところが
気に入っています。

そんなジャンルを知るきっかけになったのが
「エガーバーン」という模型。
かなり古い模型ですがデザインがgood!
もうなかなか手に入らないのですが
時々友人に譲ってもらったりしながら
少しずつ集めています。

そんなことを知っている友人が、
先日プレゼントしてくれたのがこの箱です。

Hako1_2

「何だ〜箱か〜」なんて言うことなかれ
ボクにとっては大興奮なんです!!
車両無しですが、線路と
コントローラーもあるんですよ〜。

Hako2_2

ほら!コントローラーかわいいでしょ!
トータルなデザインって
ホントに大事だな〜と思わせてくれます。
ヨーロッパ仕様なので日本では
使えないのが残念ですが・・・

Hako3

というわけで早速外箱のレストアです。
割れたところを接着剤でなおして、
汚れを落とし、手持ちの車両をしまって
スタートセットが一応復活です!

Hako4

2008年5月12日 (月)

色塗りしま〜す。

今夜の趣味悠々は色塗りです。
真っ白な石膏の地面が
急にカラフルになるので
グッと気分が盛り上がってきます。
色がつけばもう作業は後半戦。
完成も近づいてきますので自然と作業が
進むようになるから不思議です。

Umi

ところで今回の目玉は「海」です。
三波さんとお話しながら決めたデザイン
で地形の緑とのコントラストが
アピールポイントです。

ちなみにこの色塗り、
本当に「出たとこ勝負」
みたいなところがあって面白いです。
コツは黒を多めに塗るのと
一色を塗り続けないコト!
ぜひ一度やってみてください。
思った以上に地面で勝手に
混ざっていい感じになりますよ〜。

撮影終了後も三波さんといっしょに
夜遅くまで色塗りを楽しみました〜!?。
詳しくは→こちら

ではでは今夜も
ぜひぜひご覧くださ〜い!!。

Umi2

2008年5月 7日 (水)

ホビーショウ

今月8〜10日まで
東京ビッグサイトで開催される
日本ホビーショウ」は
手芸やクラフト関連の
業者やクリエーターがジャンルを超えて
大集合する楽しいイベントです。

Hobi

その会場内のNHK出版のブースに
タタミ一畳サイズのレイアウトが
やってきますよ〜。
いろいろなものづくりに
興味のある人が多く集まる場所で
鉄道模型レイアウトが
どのように見てもらえるのか?
今から楽しみです。

Tata

会場にお越しの際は
ぜひぜひお立ち寄りくださいね〜。

2008年5月 5日 (月)

今夜は山づくりです

今回のタタミ一畳サイズレイアウトでは
大きな山と大きな海が風景の目玉です。
海の海面から山の頂上まで
たぶん40~50センチはあると思います。

起伏のある地形が魅力的な理由の一つは
車両が見え隠れすること・・・。

551

見え隠れするのは「走る模型」の
特権みたいなものですよね・・・
トンネルからバッと出てきた列車や
テールライトの光を残してトンネルに
消えていく所など、見ていて飽きません。

また限られたスペースで向こう側を
見えなくすることでレイアウト全体を
自然に、また実感的になったりする
効果もあると思います。

552

というのとは別に、この石膏作業は
ホントに楽しいですよ。
大人の「どろんこ遊び」です。
汚れること(作業)って、理屈抜きに
楽しいです。ペタペタやってみてください。

そんな起伏に富んだ地形づくりを
三波さんといっしょに楽しんじゃいます。

石膏ペタペタ以外の技法も出ちゃいますので
今晩の趣味悠々もぜひ見てくださいね〜。

2008年5月 3日 (土)

模型市で英国に染まる

日曜日に東京で
鉄道模型のノミの市
「鉄道模型市」があったので
午前中で仕事を切り上げて
さっそく、行ってきました。

最近はインターネットでいろいろ
買えるようになりましたが
フリマやスワップミートなどには
独特の熱気がありますね。
「どんな模型に出会えるか」
出たとこ勝負!な感じが
結構好きです。

ボクの場合はどうも
「ジャンク品」などといわれる
部品がたりなかったり、
ちょっと壊れていたりする
どうにもならない?模型に
目がいっちゃいます。
もう、なんでも自由に
いじることが出来そうな気が
する?と思いこんでいるんですが
それはかなり幻想かも・・・。
単に貧乏性なんです、きっと(笑)

それに反省したからではありませんが
今回はジャンク品の購入はありませんでした。
(でもちょっと寂しい気も・・・・)

キレイな英国の鉄道模型を
2台購入しました。
NゲージとOOゲージの機関車
それぞれ一台です。
それに貨車も買いました。

Ichi2

特にグリーンの機関車がお気に入り。
色もそうですが、車体に描かれた
細いラインは英国型らしくキレイでしょ。

Ichi1

英国型といえば金属のパーツを
駆使したマニアックな模型も
多いのですが、これは大手のメーカー品で、
帰ってきて早速走らせて遊びました。

やっぱり英国型もいいなぁ!と思うところなど
かなり染まりやすいタイプです。(笑)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近の写真

  • _02q1092_3
  • _02q0963_6